ようこそ!南風自転車店へ

南風自転車店

札幌市豊平区豊平4条7丁目3-14

TEL/FAX 011-831-8009

名刺(店主略歴)のダウンロード
店主がお世話になっております、日新堂印刷様。こちらで作成いたしました名刺を、ご許可頂きこちらにてダウンロードできるようにいたしました。日新堂さんは環境意識を強くお持ちで、環境にもアフリカの経済にも優しい「バナナ名刺」を作ってらっしゃいます。出来上がったそれは、当店如きでも手抜きなし!素晴らしい出来栄えです。ご興味お持ちになりましたら、ぜひ日新堂様へ!
名刺原案WEB用.jpg
JPEG イメージ [917.8 KB]
ダウンロード

丸吉日新堂印刷株式会社 さま

http://www.nissindou.co.jp/

店主の自己紹介に代えて、こちらをご覧ください。

「目指すもの」

当店、、目指すところは「自転車に乗る生活のお手伝い」です。非日常を演出する、ギンギン競技系のスポーツサイクルとは毛色の違う、日常生活に織り込みやすい、、自転車をご提案しております。

具体的には「太いか長いか小さいか、、」。札幌の雪をものともせず、冬は自転車に乗れない、、という常識を打破し、雪道自転車という楽しみをもたらすFATBIKE。セダンの乗用車を超える積載能力であなたの日常に「自転車で物を運ぶ」という選択肢をもたらすLONGTAILBIKE。そして、ただ畳める、、、のとは一味違い、積極的に畳むこと、積極的に持ち出して、あなたの行くところ常にお供して「移動する」際の速さ、利便性を実現する「高機動型折畳自転車」。つまり「折り畳める」自転車というより「折り畳む」自転車ですね。試乗車をご用意しています。 (http://oritatame.exblog.jp/19816122/)。全車種は無理ですが、走行感覚はつかんでいただけると思います。

 [物語を聞かせてください」

一見すると、自転車として合理的な設計とは言えない、小径折畳車、FATBIKE、ロングテールバイク。しかし、その設計こそが合理性を発揮する「用途」があるはずです。そんな用途をお考えの方からしっかりお話を伺い、それに対しての最善のお答を出す、、事を目指しております。

この高度情報化時代に当店如きをお選び頂き、そしてご来店頂きましたお客さんに、ヴァーチャルでは絶対に判らない、その自転車の「リアル」をお伝えするためにすったもんだを繰り返してきた、という自負があります。また、このジャンルに興味があるという方には実は「スポーツサイクル初心者」の方が多いことを理解し「接客業者」としての訓練を積んでまいりました。勇気をもって(笑)ドアをノックしてください。貴方の人生に一石を投じる何かがあるはずです。

 

なぜ「南風」なのかって?「南風」は英語表記で

Southern Wind ですよね。当店の得意「小径折畳自転車」は

Small     Wheel  Folderです。

 

あなたの自転車生活に暖かな南風を吹かせることが出来れば、、、これ以上の喜びはありません。

 

ご来店お待ちしております。

                         店主敬白