TARTARUGA

札幌ー旭川アタック、神居古潭にて
札幌ー旭川アタック、神居古潭にて

とにかく、「自分が納得する素晴らしい自転車をユーザーさんに喜んでもらいたい、、」というデザイナーの思いが最も伝わる一台と言えるでしょう。いたずらにモデルチェンジをすることなく、着実に熟成を図ってくる姿勢に、作り出す車両への確かな自信を感じます。その車両を引き立てるオプションの充実度も素晴らしく、これも、車両に自信があったればこそ、、ですね。写真のタイプSは、フラットハンドル、ドロップハンドルのバリエーションを持ち、ユーザー要望に高次元でお応えできる懐の深さを持っています。

タイプS-DXにイージーフォールディング可能なオプション付きの試乗車をご用意しております。 

 

店主は02モデルタイプF、06モデルタイプSとの付き合いからタルタルーガ体験が始まりました。走りの確かさから、ロードモデル的な仕上げにしておりましたが、EZフォールドアダプタ―を導入してからというものツアラー、クロスバイク的な使い方で素晴らしいポテンシャルがあることを再発見。EZフォールディングに関しては「状況に合わせて折り畳み方を変えることが出来る」というコペルニクス的発想の転換に感心することしきり、、、なのです。

その、、すったもんだはこちら

YOUTUBE南風サイト

http://www.youtube.com/playlist?list=PLtiehNYV6269Cg_1WXhGvDWXuT9Iy4k9K&feature=mh_lolz

私と、、、タルタルーガのお付き合いをまとめてみました。

 http://oritatame.exblog.jp/18947176/

私とタルタルーガの悲喜交々はこちら

http://oritatame.exblog.jp/i26/

2012に行いました、輪行サイクリングの記録です。

http://oritatame.exblog.jp/i20/

 

メーカーさんのサイトはこちら、、

http://www.tartaruga-ew.com/

ダウンロード
タルタルーガ折畳方法色々
状況に合わせて複数の折畳方法を選びうる、という画期的な機能を持つタルタルーガタイプS。店主の、、そしてデザイナーの折畳方法、取組みを簡単にご案内いたします。
出来れば、店頭にてきちんとした説明を受けてください。特に「南風方式」に関しては、不具合でましても責任を負えませんので、店主の取り組みに関して注意点などの説明を受けていただくようお願いいたします。
それさえ気を付ければ自転車でできることの幅がぐんと広がると思います。
タルタルーガ折りたたみ方法いろいろ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 353.4 KB
ダウンロード
美幌デュアスロンにタルタルーガで挑んでみた!
タルタルーガの走行性能を追求していたころの記録です。20インチでどこまでやれるかに挑んでみました。実は、デローザのカーボンレーサーと張り合ったりして楽しい大会だったんですよ(笑)。この経験でタルタルーガの走行性能には自信を深めました。
美幌デュアスロン大会PDF.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 170.7 KB